INTERVIEW #03

古民家ならではの良さは残しながら人にも自然にもやさしい機能的で快適な住まいに生まれ変わりました

SHARE
この事例をシェア
  • LINE
  • Pinterest

古民家改修 お施主様と奥様

ご両親が暮らすご実家に戻るのを機に、曾祖母様の代から受け継いだ古民家をリフォームされたお施主様(40代、奥様40代、お子様10歳)。将来のライフスタイルの変化も見据え、長く快適に暮らせる空間を実現されました。さまざまなアイデアを出しながら、プランづくりにも積極的に参加されたというお施主様に、リフォームに際してのこだわりや業者選定のポイントなどについてお聞きしました。

ご先祖様が自らの手で建てた家を現代の暮らしに合わせた家にリフォームしたい

お施主様:私が生まれてから独立するまで過ごしてきた家で、築90年以上になります。いつかは妻と子どもとともに実家に戻る予定でしたが、高齢の両親が家の守をしていくのは大変そうだと感じることがあり、できるだけ早くここで暮らせるようにしたいと考えるようになりました。

奥様:この家は主人の曾祖母のために、曾祖母のお兄様が自らの手で建てたものだと母から聞きました。そんな大切な家であれば、残せる部分は残したいと思い、建替えではなくリフォームする道を選んだんです。

お施主様:まずは、地元の工務店や住宅展示場を回って、リフォームに関する情報を収集しながらイメージを膨らませていきました。私は家で仕事をすることが多いため、作業場としても使える、広くて機能的なスペースがほしかったんです。また、自然エネルギーや環境問題にも関心があり、新たに薪ストーブを置いて家全体の暖房を行うこと、以前の家で使用していた太陽熱パネルを再利用することも考えていました。

奥様:私としては、部屋数を減らして使いやすくしたいという思いが強かったですね。また、将来、介護等が必要になっても出入りの移動がラクであるように、水回りの扉はすべて引き戸に。冷蔵庫や調理家電、食器などがすっきり隠せるよう、キッチンには扉付きの収納スペースがほしいといった希望も伝えました。

お施主様:自分でもいろいろ勉強し、数社の業者さんに設計を依頼。その中で、私たちの希望に一番合っていたのが積和建設の設計Oさんのプランだったんです。

「さすがプロ」と思える工夫が随所に。私たちの希望+αの提案に強く惹かれました

お施主様:特に気に入ったのは、玄関から続く広い土間リビングです。吹き抜けにすることで開放感が生まれるだけでなく、薪ストーブの熱が2階部分も含めて家全体に行き渡るよう工夫されていました。薪ストーブを囲んで食事を楽しんだり、子どもたちの遊び場や私の作業スペースになったりと多様な活用が可能。機能的な上に柔軟性もある、わくわくするプランだと思いました。

奥様:主人は何事にもこだわるタイプで、あれこれ考えて自分なりのアイデアを伝えるんです。0さんは、どんな話にもじっくり耳を傾け、賛成できないことにはきちんと理由をつけてそう言ってくださる。そういう真面目で正直な人柄にも、信頼が持てました。

お施主様:断熱性や耐震性といった家の性能面はもちろん、生活はしやすいか、効率よく使えるか、コストはどうかといった面からも具体的にアドバイスしてもらえて。当たり前ですが、さすがプロだと感心しましたね。

奥様:「数十年先の暮らしも考えて、1階だけで生活が完結できるようにしたほうがいいですよ」と言ってくださったのは、営業のKさんです。子どもはまだ小学生ですが、いつかは独立して夫婦2人の暮らしになります。今だけではなく、将来のライフスタイルの変化も見据えた提案はとてもありがたかったです。

お施主様:事務手続きに関することも、すべてKさんが丁寧に対応してくださって。「この人たちとなら、一緒にいい家をつくっていける」と確信し、積和建設にお願いすることを決めました。

納得できるまでとことん付き合い、わかりやすく丁寧に説明してくださいました

お施主様:古い家ですから、工事が始まってからわかることも多かったんです。その都度、柔軟に対応してもらえたことも助かりましたね。例えば、1階の屋根の一部に透明の瓦が使われているのが見つかった時は、そこをそのまま残して土間リビングのトップライトに利用。使えるものをうまく活かすという発想は、私たちの考えともよく合っていました。

奥様:古い建具を再利用した、大きな押出し窓も気に入っています。そのままの形で残した和室の建具に新しい建具の引手の位置を合わすなど、職人さんたちの心遣いもうれしかったですね。

お施主様:私が仕事でも趣味でも自然に馴染み深いということで、自然素材の活用もすすめてくださいました。珪藻土の壁や無垢材のフローリングなど、「なるほどな」と心くすぐられる提案ばかりでした。

奥様:決して一方的ではなくて、私たちが納得して選べるようにしてくださいました。ある時、Oさんがフローリング材のサンプルを数種類用意して、「冷蔵庫で冷やして確かめてみましょう」とおっしゃったんです。それで、無垢材の良さの一つである「木のぬくもり」が実感できました。

お施主様:キッチンに関しても、いいアイデアがもらえたよね。

奥様:そうなんです。キッチンには構造上残さなければならない柱があったため、レイアウトが難しくて。Oさんは、何度もショールームへ一緒に行き、私の希望がどうすれば叶えられるかいろいろ検討してくださいました。そして、「シンクとコンロをわけて配置しては」と言ってくださったことで、すべてがクリアに。おかげさまで、とても使いやすいキッチンになりました。

室内の明るさや快適さが増し、家族で過ごす時間がより楽しくなりました

お施主様:リフォームをして、全体的にとても明るく開放的な空間になりました。以前は、昼間でも電気をつけなくては暗かった1階にいると、特にそう感じますね。そのまま残した和室の印象も変わり、以前よりも畳の上で過ごす時間が長くなりました。

奥様:収納スペースもたっぷりで、冷蔵庫や食器などもすべて隠せてすっきり。ダイニングスペースも広々と使えてうれしいです。

お施主様:本格的な冬はまだ経験していませんが、2カ所に設けた吹き抜けで薪ストーブの温もりが家中に広がり、無垢材のフローリングで床暖房もいらないくらい暖かいだろうと、今から楽しみにしています。

奥様:OさんとKさんには本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。完成後もいろいろ相談に乗ってくださるのでとても心強く、これからも頼りにしています。

お施主様:今回のリフォームについて後悔や不満な点は一切なく、大満足です。一緒に作り上げたという思いも強く、家族みんなが愛着を持って長く快適に暮らしていける家になりました。

設計担当者の声

リフォームについて大変よく勉強されているお施主様で、こちらからのご提案に対しておもしろいご意見をたくさんいただきました。「ご希望に応えたい」と、より良いプランを考えることで、結果的に「プラスαの提案」と評価していただけるリフォームの実現につながったのだと思います。大規模な案件で、私自身とても良い経験ができました。設計としてもレベルアップできたと感謝しています。

物件データ

用途 専用住宅
リフォーム面積 約250㎡
構造 木造 2階建て
工期 約4.5カ月
工事概要 外装、屋根、内装、断熱、キッチン、洗面、トイレ
築年数 90年
設計・施工担当 積和建設近畿株式会社
SHARE
この事例をシェア
  • LINE
  • Pinterest

リノベーションの詳細

築90年の古民家を今の暮らしにフィットする機能的な住まいに

関連の目的別リフォーム